システムについてもっと調べる

システム監査とは

このサイトではシステム監査の意味などを説明していきます。
現代において情報システムなしでも成り立たない情報化社会になっており、監査は不可欠です。
監査人を選定することができ、外部監査人にも依頼することができます。
大手監査法人の場合は監査において、管理ルールの適用状況やシステム開発プロジェクトの運用状況などのさまざまな評価サービスを実行しています。
情報セキュリティー管理体制などの評価にも対応することが可能です。

システム監査をすることの意味

システム監査をすることの意味 システム監査は企業の業務で使用される情報処理システムなどを対象にして、内部はもちろん外部に対しても信頼性を維持しているかや経営に役立っているかに関して監査する意味です。
情報システムはいろいろなリスクが付きまとい、経済産業省が規定しているシステム監査基準においてリスク管理の目的をいくつか定めています。
例えば組織の経営方針や戦略目標の実現などに貢献したり、関連法令や契約・内部規定などに準拠しなければいけません。
システム監査の目的に関して組織の情報システムに関係するリスクにおいて、管理がリスクアセスメントなどに基づき適切に整備したり運用されているか評価される仕組みです。
監査人が検証したり評価することで、ITガバナンス実現に寄与すると意味付けされています。
システム監査は管理状況を評価することができるので、重要な役割を果たしています。

システム監査でチェックされる内容について

システム監査でチェックされる内容について コンピューターシステムを扱っている場合、システム監査が入る場合があります。
監査というと何か身構えてしまいますが、一体何がチェックされるのでしょうか。
もちろん個別のケースでいろいろと異なってくる点はあるのですが、システム監査というのは、監査の担当者がシステムに実際にアクセスし、本当に期待どおりにシステムが動くかを確認するようなことは普通は行いません。
その代わりに、そのシステムが本当に期待どおりに動くように作られていると記録でもって示すことができるかが確認されることになります。
言ってしまえば書類チェックです。
いくら、システムとして実際には完璧に動くものであったとしても、そのことを記録や文書でもって示すことができなければ監査にはパスしないということになります。
このような記録の作成についてもいろいろなやり方があり、一つに決まっているわけではありませんが、まずはどのような記録作成方法にしているのか、その手順を確認されるのが普通でしょう。
そして、本当にその手順どおりに記録が作成されているかが確認されていくことになります。
もちろん内容についても重要で、矛盾や不備がないか、然るべき人が確認したり承認したりしているか、途中で発生した問題が解決されているかなども確認されることになります。

システム監査の実施期間は企業で決められる

現代ではIT関係などの先端技術が実際の会社経営などに利用され、この情報処理技術に関しては、めまぐるしい速さで技術革新が行われています。
現在行われている様々な業務の基盤となるようなことを行ってきていますので、このような情報処理システムが実際の業務にどのように活用されているかということの検証を行う必要があります。
特にインターネットに関連して現在言われてものとしては、セキュリティ関連の問題が知られています。この技術への依存度が高まるに従い、そのことに関する対策等についても関心が寄せられるようになってきています。
このような意味合いでも、企業におけるIT機器がどのように活用されているかということの検証を行う必要があるわけです。このような、企業経営における情報処理システムの利用状況や問題点を調べるのがシステム監査です。
ただこのシステム監査は法令で定められたものではありませんので、監査を行う期間などについては企業側で定めて良いことになっています。

システム監査の意義や内容、問題点について解説します

システム監査とは企業の業務で利用されている様々な情報処理システムについて、信頼性が担保されているかや不具合や問題点などが無いかを点検する業務のことです。
年に1回程度から定期的に行われ、基幹システムのアップデートの際には臨時にシステム監査を行う場合もあります。チェックする項目としては組織体の情報システムにおけるリスクを、適切にコントロール出来ているかという視点で確認していきます。
具体的には個人情報が適切に運用されていて漏洩していないかを確認したり、漏洩した場合も適切に報告・モニタリング体制が出来ているかなどです。
そして漏洩の原因の確認と、もしシステムに不具合があったことが理由の場合はそのバグの修復と再発しないかのテストが行われているかを確認します。
会計システムの場合は、システムと帳票との差異が無いかや手続きのフローがルール通り適切に回っているかなどを確認します。数は膨大になるので、サンプルチェックであることが多いです。

システム監査による企業情報システムの信頼性検証

現代は、情報化社会と言われています。一昔前までは情報収集と言えば、学術的な分析や科学技術研究を行う際のみに使われるものでしたが、現在では適用分野が広がり様々な実用領域までに広がってきました。
このようなことから、実際の企業経営などにおいても高度な情報処理システム利用されるようになってきています。
ただ、このような情報処理システムというものは、昨今言われているようにセキュリティ問題などの重大な課題が存在します。
したがって企業で使用している情報処理システムが、どのような状況で動作しているのか、セキュリティの問題がないのかという事について定期的に調べることが必要となってきます。 このような、企業で活用されている情報処理システムへの信頼性検査のことをシステム監査と呼びます。
システム監査は、法律で定められた検査ではありませんが、現在の高度情報処理社会に様々な実用分野が存在するということから、大きな関心を持って見られており、この事に企業が積極的に取り組むことが求められています。

システム監査は不正アクセスを未然に防ぐのにも有効

システム監査とは社内システムや顧客向けのシステムが適切に問題なく運用されているかを確認するモニタリングのことで、この手続きを通じて適正さを評価していくものです。
システムというのは常に改良や改善が行われていたり、アップデートが繰り返されています。
最新の状態に更新することはもちろんのこと、脆弱性などにも目を配る必要があるのです。もし最新のソフトウェアにアップデートしていないと、不正アクセスの原因になるばかりか重要な機密情報を外部に流出しかねません。
それが事業上重要な情報だった場合、その企業の競争力を引き下げる要因にもなってしまうのです。システム監査では、このようなアップデートの状況やリリースされている脆弱性の情報について適切に改善対応がなされているかについてチェックリストに応じて点検作業を行います。
不備が発見されたら、速やかに担当者に指導票を出した上で修正プログラムを走らせるよう指示を行うのです。

企業情報システムのリスク管理としてのシステム監査

一昔と前と違い、現代社会は様々な分野の事務処理などの情報化が行われています。様々な業務を、コンピューターやインターネットを介して行うということが普通のこととなってきました。
このことは大変便利な状況なのですが、同時に様々なハッキングなどの事例などもあり、大きなリスクが潜在しているということも言われています。
そのようなことが存在するため、企業経営において情報処理システムがどのように使われているかやセキュリティ問題の検証が行われているかなどという事を一定期間ごとに検証する必要が出てきました。 このような企業で使われている情報処理システム検証のことをシステム監査といいます。
このシステム監査は、法令によって定められたものではありませんが、先ほど述べたように情報処理システムが通常業務の根幹を成すような状況になっていることから、システム監査によりその状況の検証を行うことが求められ、問題点等があれば改善することが要求されています。

システム監査による適切な企業運営の必要性

現代において企業の透明性がより重視されるようになりました。どの企業もシステム監査を今一度考え直さなければなりません。
なぜなら、適切な企業運営が求められるからです。ただし、小さな企業はシステム監査に費用をあまりかけることができないでしょう。
それはある意味仕方がないことではありますが、だからといって何も手を打たなくていいということにはなりません。
小さいながらもやるべきことはあります。まず、コンサルティングを受けて企業の現状に対する対処法を確立しましょう。
それからもシステム監査には継続的に費用がかかりますが、それは必要経費として割り切るのが大切です。
必要なところに必要なお金をかけることにとても高い意義があるはずです。だからこそ、大小含めた各企業がシステム監査を今一度見直し、適切な企業運営を再構築するというのは事業規模の拡大という面でも重要です。そうすれば、自ずと透明性が高い企業運営が可能になるでしょう。

システム監査を行う際にはNGワードに注意

システム監査を行う際には、様々なシステムの動作プロセスを適切にチェックすることが必要です。1つの動作単位の中で適切なプロセスが実行されているかを確認し、その出力が妥当であることを見極めることが効果的な方法と考えられるものとなっています。
システムの動作は複雑なプロセスから成り立っており、これらの相関関係を見極める事は非常に難しいものですが、その中でも特にシステム監査に矛盾を生じないようにするためには、その過程の表現が適切であることを確認することもポイントです。
システムには様々な結果を生み出すことが必要不可欠となっていますが、その結果の中にNGワードとなる表現が含まれている場合には、十分に注意をすることが必要です。
この表現は非常に曖昧なものとなる可能性があり、システム監査では却下される要因となるため、これを異なる形で示すことが必要不可欠です。
システム監査は非常に高いレベルの技術力を必要としますが、NGワードを見つけることは比較的容易となっています。

システム監査とは、そして監査の為必要なリストとは

現在のような情報社会でもっとも大切なものが「システムの監査」と言えるでしょう。なぜなら、皆さんが朝出社した時に最初に電源を入れ立ち上げるのがパソコンです。
つまり朝早くから「取引先からのメールが届いているかそして内容は?」と考えているでしょうね。それほどパソコンが私達の毎日の仕事のは欠かせないものとなってるのです。もし万一そんな大切なパソコンがウィルスに罹ったと」したら大変なことになるでしょう。
そのようなパソコンを危険から守る意味と役割が「システム監査」に課せられた任務なんです。監査の目的は業務で使用している情報処理システムが、経営にうまく役になっていか、またはその会社や外部に対し信頼性が維持され、運営されているかをシステム監査するのです。
そして組織体での「ITガバナンス」の実現ができているかを診断します。そしてステム監査を行う時期やタイミングやチェックリストを作成し、しっかり準備しておくことです。
そしてシステム監査の大きな目的とは「情報システムが原因で起きる大事故や、または災害に繋がっていくリスクを未然に防止すること」と言えるのです。これがすべてで「システムの停止」から起きる業務遂行の停止などの災害や、個人情報の漏洩などの事故を防ぐことにあります。

システム監査では記録の参照が大切になります

ある程度規模が大きくなったビジネスでは、コンピューターの活用が欠かせません。商品の開発や営業、経理など企業活動のあらゆる点でコンピューターが使えないと効率が悪くなります。
長年経営されている企業であれば、社内のシステムが適切に稼働しているか確認する必要があります。それがシステム監査で、第三者的な立場からシステムの稼働状況やルール違反がないかを確認する大切な要素です。
システム監査では、紙の書類はもちろんコンピューター上のデータのやり取りなどが全面的にチェックされます。
ここで大切なのは、日常的に記録を残すしくみにしておくことです。データが作成された日時や担当者の氏名、参照や訂正が行われた日時などが記録されていれば、システム監査が適切に行われます。
結果として改善すべき点が見つかったときは、すみやかに対応するのが基本です。改善を遅らせると、業績に悪影響が出るおそれがあるため優先度の高い事項になります。

システム監査のマネージャーを見つけるなら

もし自分で企業を経営しているなら、今後どうにかして利益を上げていくかを常に考えているのではないでしょうか。
何か特定の品を販売するのか、他の会社の事業を代わりに請け負うのか、建物や道路などを作るのかなど、世の中のビジネスには様々な形態があります。
自分たちの得意分野を見つけ、そこをどんどん伸ばしていくと事業が少しずつ拡大していき、販路の拡大や人材の確保と共に利益も積み上げていけるはずです。
それと同時に内部のセキュリティについても、しっかりと対策を練る必要があります。大事な技術や特許などは自社を支える大切な存在ですし、社外に流出させること無く活かしていかなければなりません。そのためには有能なシステム監査のマネージャーを見つける必要があります。
システム監査のマネージャーを探すには、現代ではインターネットを活用するのが当たり前です。システム監査に強い会社や事務所はオンライン上でいくつも見つかるので、条件などを確認してから依頼をしてみることが大事です。セキュリティをしっかりと守り、事業の発展に全力を注ぐことが大切です。

通信環境を利用した遠隔操作を利用したシステム監査の強み

従来まで、システム監査は現場にいて作業を行わなくてはいけませんでした。特に、サーバーなどに不具合が存在するとそれを物理的に確認して管理できるだけの人材が必要だったので、相当のコストが求められていたことに違いありません。
しかし、現代の技術を利用すればリアルタイムでそういった人材を準備しなくても遠隔操作でシステム監査を行うことができるだけの準備を整えることも可能です。
例えば、クラウドサービスはこの典型的なものです。それまでは、システムを利用するときには自社で管理するコンピュータでそのデータを管理しなくてはいけませんでした。
一方で、通信環境を活かしたクラウド上でシステムを管理できるようになった現代社会では、自社でサーバーなどを準備する必要性が無くなったので、現場に管理を行うための人材を確保しなくても良いケースが目立ちます。文字通り、遠隔操作でネットワークを用いてシステム監査ができるので非常に楽だといえます。

システム監査の工数削減を実現するための工夫

システム監査はシステムのセキュリティや信頼性を評価するために実施される重要な業務ですが、システムの規模や複雑さが増すにつれ工数も増加し、コスト増加や品質低下などの問題が生じています。
システム監査の工数削減を実現するためには、まず対象の絞り込みが必要です。絞り込むことで、対象範囲を限定し工数を削減することができます。
リスクアセスメントを行い、重要度の高いシステムや機能に重点的に実施することが重要です。手順を標準化することでも、効率化を図ることができます。調査員のスキルや経験にかかわらず、一定の品質で実施することが可能になります。
ツールを活用することで、自動化や効率化を図ることができます。脆弱性スキャンやログ解析などの機能を備えたものがあり、これらの機能を活用することで工数を大幅に削減することが可能です。
具体的な工夫としては、対象をシステム単位ではなく機能単位やリスク単位で定義し、手順を事前調査やレビューやテストや評価などのフェーズに分けて、標準化する事に加え、脆弱性スキャンやログ解析などのツールを活用するという事が挙げられます。調査員のスキルや経験に応じて、役割分担を行う事も重要です。

システム監査を選ぶならサポートの充実が決め手

システム監査はこれまで人力で行っていたものをシステム化したり一部を自動化したものであり、初めて利用する方にとっては戸惑ってしまうことも少なくありません。
特に自動制御や自動入力が行われるシーンでは、使用するツールを信頼している一方で、本当に制御や入力が完了したのか心配になることもあります。
また、使い方そのものが分からないケースや、専門用語、トラブルが発生した際の対応などに直面した時には、自社のスタッフだけでは手に負えないこともあります。そんな時のために、システム監査を選ぶならサポートが充実しているサービスがおすすめです。
カスタマーサポートは多様な窓口があり、メールやチャットだけではなく、電話やメッセージアプリなどオペレーターと直接話せる手段があれば求めている内容を的確に知らせて早期に解決できる可能性を高めます。
セミナーを開催しているシステム監査なら、使い方から応用まで詳しく知ることができ、そのシステム監査のポテンシャルを最大限に発揮できます。

システム監査は維持費を勘案して利用するサービスを決める

システム監査は効率的に監査を行えるもので、人的リソースを抑えたり経費を抑えて利用することが可能で、そこで空いたリソースをコア業務をはじめとする他のカテゴリーに振り分けられるのも有用です。
しかし、費用対効果を踏まえた維持費では無かった場合、金銭的な負担がかかってしまえば本末転倒です。
多くのシステム監査を導入している企業ではパッケージの製品やサービスを購入していますが、実はさほど必要のないものに対しても費用を払ってしまっているケースも少なくありません。
そんな企業におすすめなのが、必要な機能だけを申し込むことができるシステム監査です。基本プランを中心に、オプションでアップグレードすることができ、機能をアンロックして利用できるようになります。
これならば必要十分な機能に絞って利用でき、ランニングコストも抑えることが可能です。丁度良いシステム監査を利用して、業務も経費も効率化することに成功した企業が増えています。

システム監査におけるヒューマンエラーを回避する

ヒューマンエラーは、システム監査の重要な対象です。それはシステム運用において最も影響を及ぼす要因の一つだからです。
人間が操作するシステムにおいて誤りやミスは避けられません。人間はロボットではないので全く発生しないことは期待できません。
とは言え、それではシステムの安全と信頼性を確保することができないのでシステム監査では、ミスを最小限に抑えるための対策や仕組みを評価するようにします。
防止策としては、教育と訓練であり、オペレーターやユーザーに対して、システムの正しい操作方法や注意事項を十分に伝え、実践的なトレーニングを行うことが重要です。最小限に抑えられるように、システムのインターフェースや手順書の改善も検討されなければいけません。
エラーを検出と修正するための仕組みも重要です。ログの記録やエラーメッセージの表示など、ユーザーが誤った操作を行った場合に早期に気づく手段を用意することも欠かせません。またヒューマンエラーが発生した場合には、その原因を分析し、再発防止策を立てることも大事です。

デバイス制御ソフトを知る

デバイス制御 ソフト

新着情報

◎2024/1/4

情報を更新しました。
>通信環境を利用した遠隔操作を利用したシステム監査の強み
>システム監査の工数削減を実現するための工夫
>システム監査を選ぶならサポートの充実が決め手
>システム監査は維持費を勘案して利用するサービスを決める
>システム監査におけるヒューマンエラーを回避する

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>システム監査による適切な企業運営の必要性
>システム監査を行う際にはNGワードに注意
>システム監査とは、そして監査の為必要なリストとは
>システム監査では記録の参照が大切になります
>システム監査のマネージャーを見つけるなら

◎2022/5/1

情報を更新しました。
>システム監査の実施期間は企業で決められる
>システム監査の意義や内容、問題点について解説します
>システム監査による企業情報システムの信頼性検証
>システム監査は不正アクセスを未然に防ぐのにも有効
>企業情報システムのリスク管理としてのシステム監査

◎2020/2/25

キャリアアップなら試験を
の情報を更新しました。

◎2019/12/18

範囲決めは自由に行えます。
の情報を更新しました。

◎2019/10/29

監査技術者の重要性
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

システム監査の流れ
の情報を更新しました。

◎2019/5/23

監査に必要な調査
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「システム チェック」
に関連するツイート
Twitter

> スギ薬局グループ 全国でシステム障害 「うるう日」 システム屋としてはどういうバグか興味あるなあ ありえそうなのは2月の日付入力チェックが固定で29日以上はエラーって感じかなぁ。 76年間は大丈夫だけど4で割るだけを判断してるシステムもありそう

Parallels、メニューバーからMacのCPUやメモリディスク使用率をチェックできるシステムモニタアプリ「Parallels System Monitor」をリリース。現在のところ日本では入手不可能。

うるう年でシステム障害出まくってるみたいやが、システム納入前の試験で何点検しとるんや? うるう年の2月29日なんてチェック項目の初歩の初歩やろうがい? ポリ公のシステム開発やってるのどこの会社だよ、だせえなw

うるう年が原因で免許証が発行できなかったんだって😵 こんなシステムバグがいまだにあるなんて???? 明日からAmazon新生活SALE 事前エントリー始まってます! セール対象商品をチェックしてみて👀 👇 こちらから👇

職場のストレスチェック茶番すぎて草。やべぇ数値叩き出した人に対して職場介さず提携医療機関とか専門家に通知するシステムじゃなくて本人に「気をつけてね♡」って通知するだけのまっっったく意味の無い代物だった。個人だけで気をつけられてたら鬱になんかなってない。